交通事故と健康保険&労災保険

交通事故での治療は、通常自由診療で行われます。ただし被害者に過失があってケガもそれなりに重く、全ての損害の合計が自賠責保険の限度額を超えてしまう場合、加害者が自賠責保険や任意保険に加入していない場合は健康保険や労災保険を使用して治療}PgžxQを行なわないと被害者が不利益を被ることがあります。これは、被害者に過失がある場合、損害額から被害者の過失分が差し引かれることになるため、治療費が高額なほど、被害者の負担が多くなるためです。また、加害者が自賠責保険や任意保険に加入していない場合、相手から賠償されないリスクがあるためです。業務中や通勤、退勤中の事故は労災保険、それ以外は健保を使用します。これは明確に線引きされており、どちらかを選択することは出来ません。健保は治療費の一部を患者が負担しますが労災保険は患者の負担はありません。労災は、治療費以外に仕事を休んだ
分の補償もあります。どちらの保険も加害者に対し、支払った分を請求します。このため法律で、加害者がいる場合は、所定の書面によって、加害者の氏名や連絡先、自賠責保険や任意保険の加入状況等を健保組合や労働基準監督署に届け出ることが義務付けられています。