第三者求償とは?

第三者求償とは、交通事故などにおいて、加害者の不法行為によって生じた保険金の発生において市町村が立て替えた医療費を、交通事故の加害者に対して損害賠償請求することです。第三者とは、ここでは事故の加害者のことを指します。
この損害賠償請求の権利は、国民木目02健康保険法や老人保健法において規定されています。
簡単に言えば、車を運転していて誰かをひいてしまいました。すると、ひかれてけがをしてしまった人には医療費など費用が発生します。これらは、健康保険や介護保険などの国の税金によって賄われます。
普通の事故なら、被害者から実際にかかった費用を請求されるだけで加害者は済むかもしれません。しかし、これが飲酒運転、無免許運転、携帯電話をいじりながらの運転といった不法行為によるものだとそれでは終わりません。保険金を支出し費用を賄った公的機関が、賠償請求を可能にする書類を提出することで、加害者にそのぶんのお金を請求できる権利が発生してくるのです。
もちろん医療費だけではありません。もともと介護を受けていて、その際に用いられていた福祉用具の購入費や、家に突っ込んでしまった場合は住宅の改修費のお金もその対象に入っています。
この制度によりがあるため、運転における不法行為に対するペナルティが、通常の運転におけるよりもはるかに重くなっているのです。

コメントは受け付けていません。