交通事故で追ったケガの治療と労災保険

交通事故でケガを負った場合、一般的には自由診療で治療が行われます。加害者が100%の責任がある場合や、被害者に過失があっても軽傷で、損害額全てが自賠責保険でカバーされれば、自由診療でも問題は有りませんが、被害者に過失があり、重傷で自賠責保険の限度額を超えてしまう場合は、自由診療で治療費が高額になると、被害者の過失分が差し引かれてしまうため、被害者に不利益が発生します。被害者の負担を軽減するために、このような場合は、被害者の社会保険を使って治療を行うほうがベターです。但し通勤や退勤中の事故であったり、業務中の事故の場合は健康保険が使えないため労災保険を使って治療を行うほうがベターです。勤務先が労災を使わせないといったこともありますが、労災の適用は従業員の権利であり、勤務先は使用を拒否出来ません。ただし、事故で労災を使う場合は、労働基準監督署に届け出をしなければなりません。これは、労災から加害者に対して、労災が支給した分を請求するためです。このため届け出の書類には、加害者の連絡先や保険の加入内容等を記入します。労災を使うと治療費は基本的には全額労災から支給されるため、被害者の負担は発生しません。

コメントは受け付けていません。