先に賠償金を支払われた場合の大まかな流れ

会社での仕事に関連した交通事故は、通勤途中で事故に遭った場合を含めて、労災保険の適用対象となりますが、こうした場合には、事故の相手が加入している自賠責保険やその他任意の自動車保険からも、損害賠償のための保険金が支払われることになります。
そのままですと被害者は実際の被害に見合った金額を超えて二重にお金が受け取れることになってしまい不都合ですので、労災保険からの給付を減額するようなしくみとなっています。
このように、被害者が先に加害者からの賠償金の支払いを受けた場合の労災保険請求の大まかな流れですが、まずは会社の人事部などを通じて、療養給付や休業給付の請求書を提出するとともに、第三者行為の届出書をあわせて提出することになります。
この届出書の様式には、先に受け取った金額や相手方の氏名、相手が加入する保険を取り扱う保険会社名、現場確認をした警察署の名称などを書く欄があります。
また、届出後にさらに相手から別に金品を受け取った場合には、その金額や具体的な内容についても、その都度連絡することを確約させられます。
労災保険の請求書は、届出書とともに会社を経由して労働基準監督署に送付され、ここで相手から先に受け取った金額を差し引き、休業日数などに応じた所定の給付金が被害者に対して支払われます。

コメントは受け付けていません。