治療費が安くなるケース

交通事故の治療は、自由診療で行われることが通常です。自由診療はその名の通り医療機関が自由に金額を決めることができます。自由といっても限度があるので、一般的には健康保険扱いの1.5倍から2倍位が普通です。中には3倍の料金を取る医療機関もあります。加害者が治療代全額を費負担してくれるのであれば、高額な治療代でも被害者に影響はありプレゼント02ませんが、加害者が任意保険に加入していない場合は、自賠責保険で全てを賄わなければならないこともあり得ます。また被害者に過失がある場合は、その過失分が加害者からの賠償金から差し引かれてしまいます。こういった場合は、治療費を安く済ませなければなりません。その方法は、一般のケガや病気と同様、健康保険を使う事です。交通事故でも健康保険を使うことは可能です。使う条件として、健康保険組合や市町村役場に対して、第三者行為の届け出が必要です。これは、健康保険で支払った治療代を加害者へ請求するためです。加害者の氏名や連絡先、保険の加入状況、事故の状況等を所定の用紙に記入して届け出を行います。業務中や通勤中の交通事故の場合は、健康保険ではなく労災保険を使います。労災保険も同様に第三者行為の届け出が必要です。

コメントは受け付けていません。