事故のケガは保険適応外?

交通事故によりケガをした場合、治療は自賠責保険扱いで自由診療で行われるのが一般的です。健康保険や労災保険を使用することも可能ですが、何十年も前から、そのような保険扱いではなく治療が行われてきました。その理由は、緊急性を伴う治療を必要とするため、施設の維持費や医師の人件費等に費用がかさむため、健康保険や労災保険よりも高い自由診療扱いで治療が行われています。ただし、健康保険や労災保険を使用することは可能であり、患者から使用の木目01申し出があれば、医療機関は拒否することはできません。医療機関によっては健康保険や労災保険が使えないと患者に説明するところもありますが、それは誤りです。健康保険や労災保険を使用する場合は、第三者行為の届出が必要です。これは、健康保険組合や労働基準監督署から加害者に対し、請求が行われるため、加害者の氏名や連絡先、保険の加入状況等がわかるように患者に対し法律で届出が義務付けられています。このような書類さえ提出しておけば、何ら問題なく健康保険や労災保険が使用できます。被害者にも過失がある場合は、治療費が高額になると被害者の負担が多くなってしまうため、健康保険等を使用すべきです。

コメントは受け付けていません。